検索
  • Mako Miyatake

CRAFTALEに行ってきた

CRAFTALEというモダンフレンチのお店に行ってきた


CRAFTALEクラフタルとは「CRAFT」手技、「TALE」物語、二つを重ねた言葉で

生産者のたくさんの愛情と情熱を私たちの手で紡ぎ、伝えるレストランです。


電車で向かう間に調べていたら

オーナーシェフの大土橋さんは一番好きなレストラン「サチュルヌ」のように

アナグラムで店名をつけたかったらしく

CRAFTALEというのはFRACTALE(フランス語)のアナグラムになっているそう

洒落てる、、!!!

https://www.mashingup.jp/2018/01/craftale2.html


そんな感じで気分を高めていざ店内へ


まずはグラスシャンパーニュで乾杯


季節のアミューズ1

ぷりぷりのボタンエビの下にはカリフラワーのソース

酸味のあるチーズのフロマージュとグレープフルーツの果肉で

すっきりとした味わいに

ロマネスコが飾られていて"FRACTALE"だなぁと

お皿はミラーが使われていてすごく綺麗



季節のアミューズ2

オマール海老のフリット

ゆりね

海老と白子が入った春巻き

オマール海老のフォームで中が隠されているので

「何があるかな?」と宝探しのように楽しみながら食べられる




前菜1

鹿のパテと山菜のお料理

こごみ、うど、西洋ごぼう、マッシュルーム

山菜はピクルスのような味わい

グリーンマスタードのソースがアクセントに

こんなおしゃれな盛り付けしてみたい



前菜2

ホタルイカと黒米のリゾット

パプリカのピューレが見た目もおしゃれ

豚を軽く表面を焼いたのは香ばしくて美味しい

豚の背脂のラードを使ったものも

この料理が見た目も味もコースの中で一番好き


イカスミのパンの上には

天照というLEDで育てられたトマトのピューレ

めちゃめちゃ甘くて美味しい




魚料理

ひらめは蒸してやわらかく仕上げたもの

蛤の出汁にオリーブオイルとバターを混ぜたのが優しい味

薄くスライスされたたけのこは食感が楽しい

その上にふき、あおさ、きのめ

そしてかつおぶしのパンは本当にかつおぶしの香りがすごくて素敵




肉料理

うずらのお肉は表面がパリッと香ばしくて美味しい

甘味の強い西洋わさびのピューレはアクセントに

西洋タンポポは少し苦いのでわさびのドレッシングですっきりと

グリーンピースのピューレはほんのり甘くて美味しい

お肉に合わせてうずらの卵のクロックマダム、可愛すぎる




肉料理2

やわらかく煮た黒牛の下には

じゃがいもとチーズを混ぜ合わせたアリゴ

マデラ酒を煮詰めたソースがとても合う




デザート1

"朝食"をイメージしたデザート

パウンドケーキの上にメレンゲ、レモンをのせてクロックマダム風

カプチーノはレモングラスのブランマンジェの上に紅茶のフォーム

交互に食べて酸味を楽しむ




デザート2

三ツ星レストラン、ピラミッドのシェフが考案したというガトーマルジョレーヌ

端のダックワーズは表面にチョコレートをつけて

生のヘーゼルナッツを使っているというプラリネシャンティイと

クレームシャンティイはどちらも濃厚で

バニラアイスとぴったり




背伸びして行った甲斐がありました

本当に幸せすぎて気づいたら3時間半も経っていてびっくり

また行きたいな

0回の閲覧